--/--/--(--)--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011/06/19(日)13:51
心の「ピアサポート」相談電話を開始します!

― 精神しょうがい当事者・自助グループによるピアカウンセリングです。 ―



この度の東日本大震災により被災された皆様には心よりお見舞いを申し上げます。
皆様の安全と一日も早い復興を心よりお祈り申し上げます。

主催; 宮城精神しょうがい者団体連絡会議(宮精連)、心のネットワークみやぎ

精神しょうがい当事者による電話相談 月~土10:00~16:00まで(6 月1 日より)日曜・祝日はお休みです。無料相談ですが、電話料金は相談者の負担となります。

電話番号 022-308-6067   

2年間ぐらいの予定を組んでいます。

震災後における[心の悩み]を主に電話相談を行い、傾聴を旨としたカウンセリングや適切な精神医療保健福祉情報を提供することによって、精神しょうがいの再燃、再発、精神しょうがいの予防、エンパワメント、精神しょうがい者の権利擁護に寄与する。

◆趣旨: 3月11日の大震災から既に3ヶ月以上が経過しましたが、ご家族を失った方、今なお行方がわからない方々の悲しみは計り知れません。又、住居や、生活の基盤を根こそぎ失い途方に暮れ、避難所生活を余儀なくされている方も未だ多数おられます。一部には、おおしく生活の再建に立ち上がった勇気ある方の報道もされてはいますが、実際の再建には、気の遠くなるような長い時間と、数々の困難が待ち受けていることでしょう。

私たち宮精連と心のネットワークみやぎは、こんな時に、精神しょうがい当事者に何が出来るのかを話し合う機会を幾度も持ちました。

金力に乏しく、体力的にも不十分な私たちに、いったい何が出来るのか?私たちは、精神しょうがい者として、この生きづらい世の中を、同様な病に苦しむ仲間と助け合いながら生きて来ました。そうした私たちの「生き様」こそ、皆様のお役に立つことが出来るのではないかと思い立ちました。

もちろん皆様からお電話でのお話を傾聴することが中心で、専門家でない私たちから、「ああしたらよい、こうすべきだ」とか申し上げることは多くはないはずです。しかし、アドバイスを求められた場合には、拙い私たちの経験から、お話しすることがあるかもしれません。

私たちは今回のような非常事態には、健常者もしょうがい者もないと考えています。お互いに仲間であり、心が壊れそうな時こそ、私たちはひとりではない、―絆(きずな)―があるのだということを思い起こすべきでしょう。頑張り過ぎず、しかし、決してあきらめず、ともに一歩一歩前進して行きましょう。

◆個人情報; 本電話にて話された内容は事務局が責任をもって管理いたしますので、外部に漏れることは一切ありません。ご安心ください。

【助成団体:本事業は「NPO 法人ゆめ風基金」様の全面的な資金協力により実現したものです。】

後援: NPO 法人仙台市精神保健福祉団体連絡協議会(仙精連)、NPO法人ハートインみやぎ、仙台市精神保健福祉総合センター(はあとぽーと仙台)、宮城県精神保健福祉センター、河北新報社、

※ 私たちみんなの経験と力と希望を分かち合って必ずやこの困難を乗り越えよう!
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
ラジオ拝聴いたしました
 災害お見舞い申し上げます。被災地において、尊いご活躍をされておられることに感動いたしました。
 ご指摘の通り、これから精神疾患になる方や、自殺の増加があると思います。全国でも稀な、先行実践と感じると共にそのご労は想像を絶することと拝聴いたしました。
 私が関わっている、ピア・サポートセンターおかやまでも、偶然にも同日の7月3日に始めての交流会を実施して、なんと13名の方の参加がありました。
 本当に私たちも『神様に祈るおもい』でピア・サポート実践をしています。私たちの共通認識の中にも、1人でも救うことが出来れば大きな意味をもつと多くの関係者が感じております。
 もし、私たちに出来ることがあればお知らせください。そして、岡山でも、「当事者主権!!」の活動が始まったことを覚えていただき、皆さまの活動に共感できる者がいるピアの存在を覚えていただければ幸いです。
 ちなみに私たちは、精神障がい者の社会福祉士、自傷行為がやめられなかった介護福祉士など、エンパワメントを信じて活動をしております。そして、ピア以外の方の参加を広く求めております。ICFが全ての人の分類であるように、この震災でピア・サポートも全ての人のツールになると信じています。
 では、さらなるご活躍を信じて、岡山の地からエールを送ります。
エール
ピア・サポートセンター(森定)様、コメントありがとうございます。
お心遣い大変嬉しいです。ありがとうございます。
宮城県の被災地でも、心の健康について問題になっています。
ピア・サポートセンターおかやま様の交流会は、かなり大人数の参加者が集まったという事で、
おめでとうございます。
岡山県で素晴らしい活動が開始されたのは、ぜひ覚えさせて頂きます。
ピア・サポートセンターおかやま様に、お願いさせて頂きたい事は、当ブログを通して、
コメント等で、ご意見ご感想をして頂き、宮精連会員メンバーへアドバイスを頂けたら、大変嬉しく思います。ブログは現在作成途中の為、ご理解とご協力の程、宜しくお願い致します。
ピア・サポートセンターおかやま様から、確かに今エールを頂戴致しました。
これを励みに、明日もピアの精神で被災地の皆様と、共に歩いて行こうと思います。
2011/07/06(水) 12:20 | URL | やひこ #-[ 編集]
祈っています
 こんにちは。ご無沙汰をしています。岡山県も寒くなり、蒜山(ひるぜん)では雪が降りました。
 私にできることは、皆さまのために祈ることくらいしかできません。
 どうか、寒さも厳しくなりますが、ご健康には十分にご留意されますようにお祈りしています。
 私も日々病気ゆえの「不安」をかかえていますが、「春になったら良いことがある」と信じて日々生活をしています。今の親友は、「愛と希望です!!」。では、またカキコミをします。
2011/12/03(土) 02:25 | URL | 森定薫 #-[ 編集]
宮城へエール
こんにちは!
私はピアサポートセンター岡山に投稿・相談させてもらってる一人です。
森定さんをはじめとして、話を聞いてもらいながら、この苦難の日々を一歩ずつ歩んでいます。
岡山だけでなく、全国的にピアの精神が広がっていくことを心より願っています。
2011/12/03(土) 21:55 | URL | ぽにょ #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://miyaseiren.blog97.fc2.com/tb.php/29-d89ea27b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
プロフィール

○○ ○○

Author:○○ ○○


宮城精神しょうがい者団体連絡会議(宮精連)です。


私たちの団体は、
主に宮城県内で活動し、
定例の会議(討論会)を通じて、
精神の病気で大変な想いや、
体験談を語り、
社会と精神当事者を結ぶ団体です。




ブログ管理人、
○○ ○○。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック

月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター

掲示板

掲示板では、
皆様からの書き込みを、
お待ちしております。
宮精連への疑問、質問、
お問い合わせ、
管理人へのメッセージを、
募集しています。
お気軽にご使用ください。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

 | 精神医療福祉を良くするブログ   宮城精神しょうがい者団体連絡会議(宮精連)オフィシャルサイトTOPへ | 
Copyright © 精神医療福祉を良くするブログ   宮城精神しょうがい者団体連絡会議(宮精連)オフィシャルサイト All Rights Reserved.

Designed by DAIGO / Material by 素材くん「無料WEB素材屋」
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。