--/--/--(--)--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011/05/01(日)11:42
編集後記

Mさん




今年の衆議院総選挙で、自民党が歴史的大敗をし、民主党が300議席以上の議席を獲得する結果となりました。それにより、政権が自民党から民主党に変わり、以前から掲げていた民主党の自立支援法の廃止表明が発表されました。自立支援法の1割負担が廃止されれば、私たちの生活は、今よりは少しは楽になるのではないでしょうか。今後の民主党の動きに注目したいと思います。

今回の宮精連通信では、先程も述べましたが、自立支援法を含めた法律の話題や、宮精連では初の試みとなった座談会の模様をお届けしました。また、今回も、会員の皆様からの素敵な文章も掲載することができて、当事者の方の声をお届けできたのではないか、と思います。

次回も皆様からの素敵な文章をたくさんお待ちしております。気軽に原稿をお寄せくださいね。
スポンサーサイト
2011/05/01(日)11:37
会員募集のお知らせ

Mさん




宮城精神しょうがい者団体連絡会議では、現在、会員を募集しております。
私たちの活動は、月に一度の会議で、県内各地から会員が集まり、
精神保健福祉について、議論をかわしたり、情報交換や、親睦を深め、
仲間を増やす活動を、行っております。
また、皆さんからの日頃の想いを綴った文章を、本誌、宮精連通信の発行をもって、
県内各地の同じ想いの方々へ、お届けしております。
このような活動を、私たち宮城精神しょうがい者団体連絡会議のメンバーは行っております。
2011/05/01(日)11:35
頑張らなくていいんだよ

Mさん




頑張らなくていいんだよ
踏ん張らなくていいんだよ
あなたはあなたらしく 僕は僕らしく
きっと きっと 叶うから
いつだって スタートは地面から
いつだって 花の芽も地面から
きっと きっと 育つから
きっと きっと 育つから


頑張らなくていいんだよ
踏ん張らなくていいんだよ
明日は果てしなく 未来は限りなく
きっと きっと 叶うから
いつだって 明日は続くから
いつだって 朝は来るから
きっと きっと 変わるから
きっと きっと 変わるから


頑張らなくていいんだよ
踏ん張らなくていいんだよ
捨てられた犬も 傷つけられた猫も
きっと きっと 生きるから
いつだって 今を生きるから
いつだって 今日を生きるから
きっと きっと 生きるから
きっと きっと 生きるから


頑張らなくていいんだよ
頑張らなくていいんだよ
いいんだよ
それで いいんだよ

2011/05/01(日)11:32
これって変?

Nさん




障害者基本法?

 三障害者は同一のはずなのに旅客運送法により身体と知的は割引があるのに、精神だけは割引がない!だから精神障害者は旅行にもゆけない。身体障害者は何度も東京ディズニーランドに行けるのに、精神障害者は行けない。診断書は身体と知的は一度決定すると、永久に変わらない。しかし、精神障害者は、一年。三年。五年ごとに診断書を提出しなければいけない。これは差別ではないのか?

自立支援法ってなに?

 応能負担とは収入に応じて負担することですが、サービスを受けた人が収入を超えてしまった場合、どうなるのか?医療費は5パーセントから一割に変わったので、かなりの負担増となった。年金だけの人は生活が苦しい。働くならば一割のピンハネがある。健常者にはそれがない!低所得者を苦しめることが、法律なのか?

アナタハなぜいきるのか?

 こんなに苦しいのに、死ぬこともできず、ただ水藻のように流されて行くだけなのか?

 こんな世の中を変革しようではないか!

有志を求む!賛同する者は宮城精神しょうがい者団体連絡会議まで連絡して下さい。
2011/05/01(日)11:30
音楽談義①

Wさん




 私はJAZZ大好き人間です。それも1950年代から60年代を中心にJAZZのCDを、ここ2,3年で120枚近く集めました。

 私は元々クラシックファンです。私の叔母は東京女子医専を出た内科医です。叔母はクラシックが大好きで、レコードを1000枚近く持つコレクターでした。叔母はクラシックでも、ベートーベンが大好きで、ベートーベンの作品は殆ど所持しておりました。叔母の家の応接間には立派なステレオがあり、遊びに行くとベートーベンのシンフォニー「英雄」や「運命」が流れておりました。叔母は、特に指揮者では、トスカニー二が大好きで、NBC交響楽団の演奏する、ベートーベンの交響曲全集をこよなく愛しておりました。叔母は幼い(小5)私を愛してくれて、Wちゃん、好きなレコードや本があれば聴いたり読んだりしてよいよと言って下さいました。私の音楽や読書好きの素養はこの叔母の影響かも知れません。私も20歳まではクラシック党であり、叔母同様ベートーベンが好きで、働くようになり、大枚を出して、仙台の三立楽器から、初めて買ったレコードは、当時人気のあった、ベーム指揮ベルリンフィルの、ベートーベンの交響曲全集でした。私はベートーベンの作品に共通する、人間に生き方に対して応援するような高揚感あふれる曲調が大好きです。特に愛する作品はベートーベンですと、交響曲第5番「運命」とピアノ協奏曲第5番「皇帝」です。両方とも、落ち込んだ時、出して聴くと、生きようという気持ちにさせてくれますので、愛聴しております。月並みですが、「運命」はカラヤン指揮ベルリンフィルがよいですし「皇帝」はバックハウスのピアノがよいです。私は楽聖ベートーベンの、一生を燃焼し尽くした姿が好きで、後年、JAZZの巨人と称され、僅か40歳で亡くなったジョン、コルトレーンと対比して一文を書いてみようと思った事もあります。

 そんなクラシック好きな私に衝撃を与え、一夜で、クラシックから、JAZZに転向させた曲があります。モダンJAZZでは超有名、ソニーロリンズカルテットが演奏する「モリタート」です。ロリンズの吹奏する男性的でおおらかなトーンが私にはクラシックにはない音楽スタイルと思い魅了されました。何故、「モリタート」が名曲かは、この曲は「マックザナイフ」という名でも知られ、ロリンズの吹奏で世に定着したと思います。「モリタート」は名盤「サキソホンコロサス」の中の一曲であり、JAZZファンでは誰もが持つアルバムです。私はこの名盤と、同じように愛聴する盤がコルトレーンの「バラード」です。「サキソホンコロサス」には豪快なロリンズのサックス、「バラード」では哀調さを感じさせるコルトレーンのサックス、私はこの対比が好きで、どちらもJAZZ史に残る名アルバムと思います。
プロフィール

○○ ○○

Author:○○ ○○


宮城精神しょうがい者団体連絡会議(宮精連)です。


私たちの団体は、
主に宮城県内で活動し、
定例の会議(討論会)を通じて、
精神の病気で大変な想いや、
体験談を語り、
社会と精神当事者を結ぶ団体です。




ブログ管理人、
○○ ○○。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック

月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター

掲示板

掲示板では、
皆様からの書き込みを、
お待ちしております。
宮精連への疑問、質問、
お問い合わせ、
管理人へのメッセージを、
募集しています。
お気軽にご使用ください。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

 | 精神医療福祉を良くするブログ   宮城精神しょうがい者団体連絡会議(宮精連)オフィシャルサイトTOPへ |  Next
Copyright © 精神医療福祉を良くするブログ   宮城精神しょうがい者団体連絡会議(宮精連)オフィシャルサイト All Rights Reserved.

Designed by DAIGO / Material by 素材くん「無料WEB素材屋」
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。