--/--/--(--)--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011/07/28(木)20:05
先日の宮精連定例会議(討論会)で、「てんかんの当事者が起こした交通事故」について、
話題になりましたので、記事にさせて頂きます。


※てんかんの当事者が運転していたクレーン車が、登校中の小学生の列に突っ込むという事件がありました。


私は免許の更新が近いのですが、追加された記入欄に記入しないつもりです。

免許証の更新の際、統合失調症やうつ病の方への注意事項が記載されたポスターが張り出された。
該当する者はセンターの窓口へ向かうようにと、書かれている。

郡部の人たちは病院へ通院する時、車で向かうので、免許証が無いと、大変だ。

精神の病気がある者が、免許証の更新を偽ると、処罰されるそうです。

症状と病気がある人の差別の差は大きい。

てんかんや躁鬱(そううつ)の当事者が事故を起こす割合は低い。

てんかんや躁鬱の当事者へ狙い撃ちし差別した処置ではないか。

精神の薬を飲んでいる人も、窓口へ向かうようにポスターに記載されている。

病気の事を免許センターへ知られたくない。

免許センターも障害者団体から、責められないように、あいまいな対応。

より事故のない世の中へという、世論へ気を遣った。

てんかんの当事者の自助グループや患者会などの集まりがないので、当事者同志の呼びかけができない。

このような障害者を差別するようなポスターなどの掲示は、やめてほしい。

精神障害者は銭湯も調理師資格もだめだった。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://miyaseiren.blog97.fc2.com/tb.php/34-39c835c7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
プロフィール

○○ ○○

Author:○○ ○○


宮城精神しょうがい者団体連絡会議(宮精連)です。


私たちの団体は、
主に宮城県内で活動し、
定例の会議(討論会)を通じて、
精神の病気で大変な想いや、
体験談を語り、
社会と精神当事者を結ぶ団体です。




ブログ管理人、
○○ ○○。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック

月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター

掲示板

掲示板では、
皆様からの書き込みを、
お待ちしております。
宮精連への疑問、質問、
お問い合わせ、
管理人へのメッセージを、
募集しています。
お気軽にご使用ください。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

 | 精神医療福祉を良くするブログ   宮城精神しょうがい者団体連絡会議(宮精連)オフィシャルサイトTOPへ | 
Copyright © 精神医療福祉を良くするブログ   宮城精神しょうがい者団体連絡会議(宮精連)オフィシャルサイト All Rights Reserved.

Designed by DAIGO / Material by 素材くん「無料WEB素材屋」
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。